記事アラフォー男の理想とするガールズバーにやっとめぐりあえました!

ガールズバーを利用される、たくさんのお客様。
そんな中、お店探しに迷われる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
今回は、度々ガールズバーを利用されているお客様からお聞きした、気になったお店をご紹介します!

自分のようなちょっとうるさい人間も、これは、と唸らせるお店でした!

たまに…というより、ちょっと頻繁にガールズバーを利用している、アラフォー会社員です。
ちょっとやんちゃだった若い頃からキャバクラやスナック、クラブなどを利用し続け、その結果たどり着いたのがガールズバーと言ったところです(笑)。

寂しいおじさんと言われてしまえばそれまでですが、このところは週に3回、或いはそれ以上通ってしまっています。
会社でそこそこ昇進はしたし、金払いは悪くないと思っていますが、ガールズバーには通いすぎてしまった感があって、最近はルーティーンワークのように通ってはいるものの、少し飽きて来てしまったんですよね。

私は元々あまり一人で店に入っても物怖じする方では無いし、アラフォーのおっさんです。
おっさんが物怖じして自分の言いたいことも言い出せないなんて、気持ち悪いとしか思えません。
ガールズバーは、それこそあらゆるコンセプトのところに顔を出し、近郊では行き尽くしたと言えるほど。
お金がもったいないと言う人も居ますが、私はガールズバーの軽いノリは、悪いことでは無いと思っています。
キャバクラにも通ったことはありますが、やはり女性からの同伴の営業がすさまじく、押して押して押しまくられたらこっちは逆に引いてしまいます。
その辺りからキャバクラはもう良いかな、と思い、全く利用していません。
軽いノリで可愛い女の子とただ世間話をするだけですが、自分が今求めているのは、ガールズバーのようなタイプのお店なんです。

それなのに、何故飽きてしまったかというと、一番の理由はメニューです。
バーと言うからには流石に酒の種類はそこそこ揃えている店でも、それにふさわしいつまみが中々ありません。
どの店でも突き出しにはナッツ類やポップコーンなどが多い様ですが、私はもう、そんなものをあえて食べたくはありません。
ジャンクフードはとうの昔に卒業しているんです。
ちょっと情けない話かもしれませんが、私くらいの年齢になるとジャンクフード系は非常に胃に来ます。
それに、ガールズバーに行くときは、大抵どこかで食事をしてから、あるいは別の店で飲んだ二軒目使いが多くなります。
美味しい食事を食べたあとに、少し湿気ったポップコーンやポテトチップスなんて、食べたくはありません。
ちょっと気の利いた、出汁を張った卵豆腐とか、季節の煮物とか、体に優しいものが欲しい。
しかし、探せども探せども、女の子たちは良いのに、つまみは唐揚げだのプロセスチーズだので、今度こそは!と願う私の祈りは天に通じていないようでした。
もういい加減、ガールズバーに通うのもやめておけということなのかな、とちょっと諦めかけていたんですが、なんとつい先日、理想の店に巡り合う事ができました!

理想とするガールズバーなんて永遠に出会えないんだ、と諦めかけていた私ですが、その日は古くから花街として知られていたエリアで仕事です。
ひと仕事片付けたあと、多少ハードな状況だったこともあって、ちょっとガールズバーに寄ってリフレッシュしたいと思い、軽く食事をした後で店舗の物色に入りました。
すると、以前この街に通っていた頃には無かったガールズバーを発見し、迷わずそこへ。
店が在るのは雑居ビルの中でしたが、ドアも中々重厚感があり、その街にふさわしい感じです。
ちょっとのぞくとすぐに女の子とボーイがやって来て、店内のカウンターに案内されました。

そう広くは無い店内で、席数は15、6席ほど。
食事の後なので軽くドリンクをオーダーして、例によって突き出しが運ばれて来ましたが、全く期待していなかった私は、小鉢の中を見て驚愕してしまいました。
上品な金彩の小鉢の中には、しらたきの和え物が程よく盛られています。
それだけでもポイントが高いのに、一口食べて驚いたのは、それがまた美味しいのなんの!
メニューを見ると、唐揚げのようなものももちろんありますが、野菜の煮浸しやアワビの煮物、自家製のポテトサラダ、塩辛、焼き魚にカレイの唐揚げなど、私が夢見たメニューがズラッと並んでいます。
メニューを見て、ちょっと浮かれた私ですが、実際食べてみなければ味はわかりません。
突き出しを早々に平らげた私は、早速自家製のポテトサラダを追加オーダーしました。
少しして運ばれて来たそのポテトサラダもまた、凝ってなさそうに見えますが、カットグラスの器に美しく盛られていて、味ももちろん申し分無いものだったのです。
そこで決まりました。
この店が人生最後に通うべき店だったのだと。
やたらと美味しい美味しいとツマミをパクついている私に女の子が教えてくれたのですが、やはり料理を目当てに通って来る常連さんが相当数居ることと、実は開店してから2年ほどが経っており、完全に私が見逃していただけだったようです(泣)。
そして、料理人は本格割烹で修行して独立し、自分の店を出したものの上手く行かずに閉店してしまった、オーナーの弟さんなのだとか。
はじめはガールズバーで働く事に抵抗があったらしいんですが、つまみが目当てて通うくらいの人も多いので、料理には力が入っているんだとか。
今では私もその常連の一人になって、週に3回ほど足繁く通っています(笑)。
その店は料理だけではなく、女の子たちも可愛い上に話し上手、聞き上手で、客との距離感も抜群にいいんです。
そんな理想の店にはもう、ずっと通うしかありません!

お店に求めるものは人それぞれですよね。
こんなきっかけでお店を探した、こんなところに注目してお気に入りのお店を見付けた、なんて経験のある方は、ぜひお話を聞かせてくださいね!!

1

つまみの美味しい店とか聞いたことが無い

2

友達がバイトしてたところ、隠れ家的ガールズバーで、そんな感じだったみたい

3

高級ガールズバーってこと?

4

高級って売りではなかったと思うけど
たしかにお金持ちのお客さんは多かったらしい

5

なんでお金持ちってわかるの?

6

まず金払いがいい
おねだりしなくてもドリンクも欲しければどうぞって言ってくれる
料理に合わせてそこそこ高いワインなんかの注文もある

7

へえ、そりぇすごいわ

8

でもワインなんかだと保管に今ひとつ自信がないので、
出来れば普通のハイボールの注文にして欲しいだってw

9

残念だねw

10

でもそういう店のお客さんってうるさいんじゃないの?
話について行けなさそう

11

友達も頭良いわけじゃなかったけど、別に苦労してた感じじゃなかったよ

12

接客って頭の良し悪しより気遣いができるかどうかじゃない?

13

本当にお金持ってるちゃんとした人って全然威張ったりしないし優しいよ

14

それ言えるよね 妙に威張るのって中途半端なやつばっか

15

うちの店、ずっとスマホでアニメ見てるオタが来るんだけどw

16

居るよね、何しに来てるんだろうって客

17

うちの店、客層はかなりいいし女の子もいい人ばかりだけど時給低い

18

うちの店、客層悪いけど時給は良い
女の子同士はふつうかな

19

客層悪いってどんな?

20

性犯罪者みたいな顔したキツネ目の男に気に入られてうんざりしてる

21

来る客ほとんどが輩っぽい

22

マジかwww

23

うち3~4人で来てダーツばっかやってる客がいる
みんなでやろうよ!とかじゃなく内輪で盛り上がってる

24

いいじゃん、楽で

25

そうなんだけど、なんの為のガールズバー?って思って
ダーツバーに行けばいいのに

26

見てて欲しいんじゃないの?

27

俺上手いだろ?ってやつだよね

28

ダーツある所いいな

29

ダーツあるけどやったことないや

30

営業時間過ぎてるのに帰らない客うざい

31

それはどの店にも居そう

32

全部いい店ってなかなか無いよね

33

確かにw